株式会社 幸 −デイサービスセンター 幸のつどい−

 

よくある質問-Q&A

 
 
Q:幸のつどいの場所がわかりません・・・
A:
 地図で見ると大津バイパス沿いにあり、わかりやすいのですが、建物が少し奥まってあるので通り過ぎてしまう方が多いです(ノω・、)
大津バイパスから医大へ行く道(西側)の十字路にあります。

 医大側から来られる方にはすぐに目に付くのですが、大津バイパスから来ると通り過ぎてしまいやすいです。
隣にミニ専門の車屋さんと、ケーキ屋さんがあります。

 幸のつどいの北側に高知信用金庫さんのATMがありますので、これを目印にされたほうがいいかもしれません。

 
Q:身内に介護が必要となってきたのですが、どのように接すればよいのでしょうか
A:
 ほっと高知様の紙面に寄稿させていただいたものを転記させていただきます。


 介護が必要になる状況は「身体能力の低下」、「認知症(痴呆、呆け)」の二つ(もしくは両方)が殆どです。
 身体能力の低下の場合、安全の為に座らせ続ける事により、さらなる脚力等の低下⇒自分で排せつも出来なくなる⇒生きる気力を失う。となってしまいます、座らせたままにせず、日常の運動量の確保や声掛けが重要です。
 骨折等で要介護状態になった方も、骨折・入院した事よりも排せつさえも自分で出来なくなったことにより、生きる気力を損なってしまう方が多く居ます。多少の痛みを伴っても早期のリハビリが重要な鍵です。
 認知症による場合、ちゃんと出来ないから・失敗するからと何もさせないことにより本人は、「自分の事を自分する」という正しい事をしているのに何もさせてくれない、逆に怒られる。本人にとって非常に理不尽な環境が出来ている場合が多々あります。こうなると認知症の進行を促進させてしまいます。自分で出来る事はしてもらい、出来ない部分には手を貸してあげてください。
 介護負担の軽減には介護保険の利用も有効です、市町村や介護事業所等にご相談ください。

介護師よりひとこと:
 
 本来、介護は介助を要しない能力を維持・回復する為のサービスです。過介護により能力を失い、手が掛るようになり、人としての尊厳を失っていく…そんな関係をよく目にします。「介護しないといけない」ではなく「一緒に頑張ろう!」と接してあげてください。

株式会社 幸
高知県高知市大津乙1212-7
TEL.088-855-4163
FAX.088-855-4164
──────────────
1.通所介護事業
2.障害児福祉事業
3.障害福祉事業
──────────────

 

315231
<<株式会社 幸>> 〒781-5103 高知県高知市大津乙1212-7 TEL:088-855-4163 FAX:088-855-4164